棘突起間刺鍼法

 

棘突起間刺鍼法

 

 

 背骨を体表から触ると、真ん中に骨が触れます。ここが解剖学用語で、『棘突起』(きょくとっき)と呼ばれます。

 

 

 腰や首、背中の痛みを訴える方で、この背骨の真ん中が痛いです。。。という方がいます。この真ん中の痛みは、なんとなく揉んだだけでは改善しないことが多いです。
 そんなときには、この棘突起間刺鍼法が有効です。

 

 

 棘突起間はマッサージで揉むこともできますが、骨をゴリゴリとコスることになるので揉み返しが起きやすくなり、普通のマッサージ店では揉みません。当院でも普通は揉みません。 揉んでも揉み返しが来るだけで、思ったよりも症状が改善しないからです。

 

 

 その代わりに、鍼灸を使って治療します。やり方は、漢字の意味そのもののとおり、棘突起間に打ちます。

 

 そのまましばらく鍼を刺して置いておいたり、お灸を追加したり、パルスをかけたりします。これは各々の症状により変えます。また、ハンマー整体も使っていきます。

 

 このやり方も、昔仙台で師事していた先生のやり方を自分なりに改良したものです。

 

 

 

 棘突起間に鍼を打ってパルスをかけるというやり方は、東京の先生がセミナーを開いて教えています。どんなものかと興味がわき、私も一度だけ参加したことがあります。
九州の先生もホームページに載せています。

 

 このように、棘突起間に鍼を打つ先生は少しいますが、普通の鍼灸師ではあまりいません。仙台でも数少ないと思います。

 

 

 なかなか治らない腰の真ん中の痛みでお困りの方は、ご相談下さい。

 

 

TOPへ