足首捻挫後に足の裏の痛みが治らない症例 1 2020年 宮城県仙台市

 

20代男性。
足首を捻挫した後に、足の裏が痛くなって、それが治らない。
整骨院に行ったり、鍼灸治療をしてみたが、あまり良くならない。

 

もう半年以上経っている症状のようです。

 

確認の為に普通にほぐして、歩いてもらうと、やはり痛いということ。

 

痛む点を注意深く確認しながら、針治療を開始です。
すると、明らかに軽減するポイントを発見です。

 

そこを中心に治療。これで1回目終了です。

 

 

2回目。
1回目で大分軽減されたが、まだ痛い。そして痛む場所が変わったということ。

 

これも丁寧に鍼治療。
症状が無くなったのを確認して終了です。

 

 

3回目の来院。
この前の治療で、治りました!となりました。
そして、別な箇所の治療を開始です。

 

 

今回のように捻挫の後、症状が取れない場合があります。
こういった場合でも鍼治療が有効な場合があります。

 

TOPへ