お尻から太ももの付け根が痛い症例 1 2020年 宮城県仙台市

 

30代男性。
近頃、30分くらい座っているとお尻から太ももの後ろ側が痛い。前に体を曲げると、痛みが増す。後ろがピキッとくる。

 

話を聞いてみると、実は高校時代のスポーツの時からおかしくしたのが最初だということ。
実はそれ以来、なんかおかしいんですとのことでした。

 

はり治療は経験済みだったので、最初軽くほぐして迷わず鍼治療を選択です。

 

 

結果として、1回の鍼治療で大分症状も緩和。初回はこれで終了としました。
パルス鍼と、当院の秘密の秘孔治療です。。。

 

 

2回目。
大分良いですということで、同じような鍼治療。

 

3回目。
ハムストリングスに少し残るが、お尻の症状は消えたとのこと。
ハムに治療を集中し、違和感はほぼ無しになりました。

 

 

症状は大分緩和されたということで、一度様子をみることになりました。

 

 

このように、効果的な場合は数回で顕著な効果が表れるときもあります。
お困りの方、ご相談下さい。

 

 

TOPへ