掌蹠膿疱症後に肩こりが発生した症例 1 2020年 宮城県仙台市

 

40代女性。
数年前に掌蹠膿疱症を発症し、それは治ったが、その後から首コリ・肩こりが発生するようになる。
整骨院などでマッサージを受けても、あまり効かずすぐに元に戻る。
鍼治療はマッサージよりはもつ。以前通っていた所が遠いので、探してきました。という方。

 

 

簡単にほぐしてから、針治療。

 

まずはパルス鍼を、肩こりの効果的なツボに。
これで少しは軽くなった感じとのこと。

 

その後は、オリジナルの肩こり特効秘密の鍼治療です!!

 

 

巷の鍼灸院さんだと、パルス鍼だけで終わりというところも結構あります。
パルス鍼は確かに効果的な方法ですが、それでは足らないこともよくあります。

 

ので、当院では最後の仕上げの鍼を行います。
これを行うのと、行わないのでは効果はまるで違うんです。

 

 

結果として、メチャクチャ楽ですとのこと!!

 

これで様子を見てもらうことになりました。

 

 

 

3週間後に連絡が入り、あれから大分楽な状態が続いている。またつらくなる前に行きますとの連絡がありました。

 

 

さらに5週間後に再来院。
やはり少し苦しくなってきたとのこと。
同じように治療してすっきりして帰られました。

 

少しずつ新しいポイントを探して、もう少し効果があるポイントを見つけていくつもりです。

 

TOPへ