脊柱分離症による腰痛症例 1 2021年

 

60代男性。
昔から脊柱分離症であり、慢性腰痛状態である。
鍼治療を受けていた先生が居なくなって、治療者を求めてさまよっていた。
息子二人が当院で治療経験があり、勧められて来院。

 

聞けば大分昔から分離症のようです。

 

 

1回目の治療は、普通にほぐしたら、その場では凄く楽になったので、このまま終了としました。

 

1週間後に再来院。『揉み返しが結構つよく出ました〜』とのこと。

 

脊柱分離症の方は、揉むと症状が悪化することがあります。
これは揉むのは合っていないと判断し、鍼治療に変更しました。

 

 

2回目は、腰を中心に鍼治療。パルスも併用です。
『これは楽ですね〜』との感想。

 

ので、2回目はこれで様子見です。

 

 

特に慢性の症状の方は、1回ごとに確認していかないと良い治療ができません。
なぜならば、慢性の方の治療は単純ではないからです。
良いときもあれば、この方の1回目のときのように、一時的に悪化するときもあります。

 

効果的な治療ポイントを見つけるまで、回数が必要となります。
根気が必要です。

 

逆に急性症状の場合は、意外と単純です。

 

 

この患者さんは、その後しばらく連絡が無く、『ダメだったのかな〜〜〜』と思っていましたが、2か月半後に再来院。

 

『この前の治療良かったので、またお願いします〜』とのことでした。

 

 

効いてくれて、こちらとしてもホッとしました!

 

 

 

 

TOPへ