ぎっくり背中の症例 1 2021年

 

30代男性。
数日前から、ぎっくり背中になる。たまーに同じような症状が出てくる。
当院で、お尻の治療をしている方です。

 

この方は鍼治療はOKの方なので、かるくほぐして鍼治療。

 

大体の場所を教えてもらいながら、対応する治療ポイントを探していきます。
急性症状なので、結構単純なことが多いです。

 

背中を簡単に治療してみると。もうほとんど大丈夫ですとのこと。

 

首の症状があるので、追加で治療。

 

1回目はこれで終了です。

 

 

2回目。
背中はもう治った。首が少し残っていてきになるとのこと。

 

首をほぐして、ハンマー整体。これでほぼほぼ大丈夫となりました。

 

 

このように急性症状の場合は、効果的なときは非常に即効性があります。
ただしもちろんですが、全ての症状でそうはいきません。

 

 

お困りの方、ご相談下さい。

 

 

 

TOPへ