鼠径部痛と坐骨神経痛の症例 1 2021年

 

40代女性。
左股関節の前側が痛い。仕事上、腰を前に曲げる動作が多く、その際に大変である。
ついでに少し坐骨神経痛みたいな症状もある。

 

当院の患者さんの家族で、紹介されて来院。

 

 

問診しながら、触診。実際に痛い動作をしてもらい確認していきます。

 

結果、腰の奥の大腰筋が問題だと感じました。
ですので、大腰筋の治療です。

 

この大腰筋、まずマッサージや整体では綺麗に治療できません。体の奥にあるので指が届かないです。ストレッチしてもそこまで伸びません。即効性を求めるなら、鍼治療一択です。

 

 

結果として、1回の治療でほぼ症状消失。大分良いとのこと。

 

 

1週間後再来院。
大分良くて仕事も前に比べればかなり快適だが、まだ少しだけ症状があるとのこと。

 

再度同じ治療。
今度は完全に症状消失。

 

 

 

大腰筋の鍼治療はできるところが少ないです。当院は、宮城県では数少ない大腰筋刺鍼を行っている治療院です。

 

お困りの方はご相談下さい。

 

 

 

TOPへ