夜間痛のある五十肩 2021年6月2日

 

60代女性。
五十肩のようになり整形外科に通うが、3カ月経っても改善せず来院。

 

ウチでは五十肩の場合、多くは鍼治療を併用します。

 

鍼を打って、電気治療。
その後、痛む場所を丁寧にほぐし。

 

これで1回目は終了。

 

 

約1週間後に再来院。
前回の治療の夜から、夜間痛無し!ということ。

 

昨日から少し痛みが戻ってきたということで、来院。

 

前回と同じ治療。治療直後は全く痛み無し。
ただし、可動域制限はあり。

 

可動域制限は、回復に時間がかかりますので。根気が必要となります。これは五十肩の患者さんにはほぼ共通しています。

 

 

治療を適宜行えば、痛みはほぼコントロールできます。
痛みがコントロールできれば、気持ちも楽になり、徐々に可動域も広くなります。

 

 

TOPへ