五十肩の症状 2021年12月29日

 

50代男性。
理由もなく五十肩みたいな症状になる。

 

整形外科に通うも良くならず、知り合いに紹介された整骨院に通う。
そこで、1カ月週2回通うように言われ、言われたとおりに通院する。
筋肉をほぐす為?にゴリゴリ揉まれ、余計痛くなる。夜も眠れない。
そのことを正直に言ったら、あと2カ月通うように言われ、これはダメだと思いネット検索して来院。

 

1回目。
軽いほぐしと、鍼治療。終了後は楽になったとのこと。

 

2回目。
症状はずぐにぶり返し、相変わらず痛い。
腱板断裂の可能性があると感じ、一度違う整形でエコー検査をすることを勧める。

 

3回目。
エコー検査によると、腱板断裂なしとのことで、本格的な治療開始。
鍼治療で変化が少ない為、肩関節の軽い矯正とハンマー、超音波追加。
当院の通称、ブラブラ体操を教え、ヒマな時してもらうことにする。

 

4回目。
まだ痛いところはあるが、非常に楽になってきた、夜も眠れるようになる。
ハンマーと超音波メインで治療。

 

5回目。
さらに楽になった。肩が痛い所は1点のみになり、大分肩が動くようになってきた。
首の症状もあるので、今回は肩は軽めの治療で、首から腕の症状をメインで治療することにする。

 

 

現在も治療継続中です。

 

 

 

このように、五十肩は適切に治療すれば、治療の度に確実に改善していきます。
もちろん、治療ポイントを探る必要があるので、最初から上手くいくとは限りません。ですが、治療ポイントを見つけることができれば、後は確実に良くなっていきます。

 

ゴリゴリ揉む必要は全くないです。はっきり言って、無意味です。

 

五十肩で整骨院等に行き、ゴリゴリ揉まれてお困りの方、ご相談下さい!

 

 

 

 

TOPへ